*

精力剤に含まれる成分~牡蠣エキス~

投稿日:2017年8月2日 更新日:

精力剤に含まれる成分 牡蠣エキス

牡蠣エキス 精力剤

今、「牡蠣エキス」は、精力増強効果があると注目を集めています。

牡蠣は、海のミルクと称されるほど栄養豊富な食材で、その栄養を凝縮したものが牡蠣エキスです。

豊富な栄養が、男性の精力増強男性機能の改善に大いに効果があるとされています。

では、実際にはどのような効果が期待出来る物なのでしょうか?

牡蠣エキスの成分と具体的な効果や考えられる副作用に付いて調べて見ましょう。

 

 

牡蠣に含まれる栄養・成分と効能

牡蠣エキス 効果

牡蠣エキスに含まれている栄養素や成分は、非常に豊富ですが、精力増強という意味で代表的なものが、以下の3つになります。

亜鉛・タウリン・アルギニン

 

【亜鉛】

亜鉛は、欧米では「セックスミネラル」とも呼ばれており、男女ともに性機能を向上させる事が期待できる成分です。

そもそも亜鉛は人体にとって非常に重要なミネラル成分で、亜鉛が不足すると様々な不調をきたします。

主に、細胞の造成・修復、DNAの合成、タンパク質をアミノ酸へ変換することなどの働きがあるとされています。

人体にとって非常に重要な“亜鉛”ですが、性機能向上にどの様な具体的な効果が期待されるのでしょうか。

 

①EDの改善

主に心因性のED(勃起不全)の予防、改善に効果を発揮します。

亜鉛は精神安定の効果を発揮します。

脳の神経伝達物質は亜鉛によって合成されます。

亜鉛が不足する事で神経伝達物質が不足し神経が不安定になります。

神経伝達を円滑にし、精神を安定させる事が出来ます。

精神を安定させ、ストレスや不安などを軽減する事でEDの症状の改善・予防に効果を発揮します。

 

②精子の生成、行動量

亜鉛は精巣・精液などの原料となっており、高濃度で含まれており、十分な摂取量を満たす事で精子の量を増やすことが出来ます。

また、運動機能を向上させるので性欲の向上にもつながります。

逆に不足してしまうと、前立腺の障害などで性欲減退や勃起障害を起こす原因になってしまいます。

 

 

【タウリン】

タウリンには、肝臓の活動をサポートして、身体の毒素を除去する効果があります。

肝臓の活動が活発化することで、全身の血行も良くなる働きもあります。

直接的に精力増加に効果を発揮するわけではありませんが、タウリンは亜鉛の消費を抑えるので間接的に精力アップに貢献します。

亜鉛は体内に吸収しづらく、排泄されやすい成分なので、少しでも消費を抑えなければなりません。

また、このタウリンは肝臓の中性脂肪を除去する作用があるので、生活習慣病の予防にも効果的です。

 

 

【アルギニン】

アルギニンは、直接的に精力アップに効果的です。

天然のアミノ酸の一種で血管を拡張し血行を良くする働きがあります。

また、アルギニンの働きで一酸化窒素(NO)という物質が作られることにより、勃起力を高めてくれます

 

牡蠣エキスには、上記の3つ以外にも、疲労回復や肝臓の働きを良くしてくれるグリコーゲン(炭水化物)、血液中の赤血球生成を促す作用があるビタミンB12なども含まれており、鉄分や銅などのミネラルなど、間接的も精力増強に寄与していると考えられます。

 

 

牡蠣の成分の副作用と摂取量は?

精力増強に効果的で、重要な成分を多く含んでいる牡蠣エキスですが、過剰摂取による副作用の心配はないのでしょうか。

ご説明した成分の内、亜鉛に関しては、長期間過剰摂取を続けた場合、副作用とし“腎臓障害”および“銅欠乏性貧血”を引き起こす懸念があります。

タウリンは過剰摂取した場合でも体外に排出されるので副作用の心配はありません。

アルギニンも、特別な副作用はありませんが、摂りすぎによる胃や食道への負担が考えられます。

摂取量としては、年齢によっても異なりますが、亜鉛は男性:10mg、女性:8mgが理想的な1日の摂取量と言われています。

タウリンは最低でも1日500mg、効果を期待するのであれば3000mg~5000mgを摂取する事が望ましいです。

タウリンは牡蠣を含む魚介類に多く含んでいますが、副作用の心配はありませんので、どんどん摂取して下さい。

アルギニンの最適な摂取量は、成人で3~5gが目安とされています。

 

 

牡蠣エキスの摂取方法

牡蠣エキス 摂取方法

牡蠣エキスを摂るのは、もちろん牡蠣を食べることが一番ですね。

牡蠣エキスが充分に含まれている食品は、何と言っても本物の牡蠣以外には有りませんし、効率的に牡蠣エキスを摂る事が出来ます。

食べ方としても、牡蠣を過熱調理することがオススメです。生のまま食べるよりも、加熱してあげることで牡蠣エキスが凝縮するためです。

カキフライや牡蠣の鍋料理などは非常に効率的な食べ方といえますね。

牡蠣を生で食べる場合は、ノロウイルスなどの食中毒には気をつけましょう。

 

 

その他にも、牡蠣エキスに含まれる栄養素は様々な食材に含まれています。

亜鉛は牡蠣以外にも、納豆や卵を、アルギニンは魚介類や肉類などのタンパク質が豊富な食材、タウリンは、イカやタコ、貝類などに多く含まれています。

さらに、牡蠣エキスと一緒に摂りたい栄養素として、タンパク質、クエン酸、ビタミンCがあります。

ビタミンCは柚子、パセリ、レモンに含まれ、クエン酸はレモン、グレープフルーツが多く含む食材です。

動物性タンパク質は、肉類・魚介類からの摂取を心がけましょう。

牡蠣と一緒に食べることで、特に亜鉛の吸収率がアップするため、効果が高まることが期待できます。

 

 

牡蠣エキスはサプリメントから

カキエキス サプリメント

牡蠣は、冬の定番食材の一つです。

生ガキにカキフライ、牡蠣鍋等、様々な調理方法で食べられています。

しかし、独特の食感や味に、生ガキの食中毒の恐怖から、苦手な方も多い食材でもあります。

そこで、食事以外で牡蠣エキスを摂るには牡蠣エキスのサプリメントがオススメです。

実際に、牡蠣エキスのサプリメントには牡蠣を煮沸し長時間煮詰めることで牡蠣エキスが濃縮されてます。

サプリ1粒あたりに、数粒分の牡蠣エキスが含まれているため、牡蠣をたくさん食べなくても牡蠣エキスをたくさん摂取することができます。

精力剤や滋養強壮のサプリには、牡蠣エキスが含まれているサプリメントがたくさんあります。

精力の面で活力を取り戻したい」「日頃の疲れから回復したい」など精力増強・疲労回復にはとても効果があります。

ぜひ、牡蠣エキスは日頃から摂取していきたいですね。

 

 

 

-牡蠣エキス, 精力剤 成分

Copyright© 精力剤の口コミ|効果の高い おすすめ精力増強サプリ , 2017 AllRights Reserved.