*

精力剤に含まれる成分~鹿の角~

投稿日:2017年8月2日 更新日:

精力剤に含まれる成分 鹿の角

鹿の角とは?

鹿の角 効果

鹿の角は、別名で「鹿茸(ロクジョウ)」ともいい、漢方として使われる素材の一つのことです。

大変高級なもので長い歴史があり、中国漢方の三大妙薬の一つに位置づけられています。

ここでの鹿の角は、「袋角」とされ、生え変わりの時期の生え始めたばかりの小さな角のことを言います。

鹿は、1年に1回、角が生え変わるため、希少な素材になるのです。

採取された角は、まだ柔らかく血液の成分を多く含んでいるため、一旦乾燥させてから粉末にして精力剤の成分として活用されます。

 

 

鹿の角 効能・効果

鹿の角には25種類のアミノ酸に加え、タンパク質や炭酸カルシウム、コラーゲン、マグネシウム、コレステロールなど多くの成分が含まれています。

現状、鹿の角と精力増強が結びつく科学的根拠はありませんが、古くから精力増強の作用が期待できるとして漢方薬の分野で使われてきました。

主に、血流改善効果が期待できるので、下半身の血流改善によって勃起不全の改善などに効果があると考えられています。

その他にも、滋養強壮、胃を丈夫にする効能などが期待できるようです。

耳鳴りやめまい、更年期障害、肉体疲労の改善、勃起不全、四肢のしびれ、神経衰弱など多くの効果があると言われています。

 

 

鹿の角における副作用

鹿の角 成分

鹿の角は、天然の成分です。

そのため、副作用はあくまで可能性の範囲で、必ず起こるわけではありません。

一般的に副作用として言われているのは、動悸・皮膚の発疹・かゆみ・のぼせ感・胃腸障害・悪心などがあげられます。

他の成分が配合されている場合にはその副作用にも気を配るようお願いします。鹿茸の副作用だけに気をとられていては危険です。

 

 

鹿の角 摂取方法

実は、鹿の角は日本では一般医薬品(第3類医薬品)の位置づけにされています。

そのため、サプリメント等の健康食品類には含有されていません。

病院で漢方を処方してもらうことで、購入・摂取できます。

医薬品ですので、みんなが摂取してもいいわけではなく、妊娠中の人や熱がある人など特定の人は摂取を避けるようにしてください。

鹿の角とほぼ同じ効果が期待できるトナカイの角であれば、含有されている市販精力剤があるので手軽に入手、摂取ができます。

 

 

まとめ

鹿の角と精力剤との関係についてご紹介しました。

漢方薬として昔から重宝されていますが、未だ解明されていない部分もあります。

摂取する際には医師などその分野に精通した人の意見を参考にすることをオススメします。

精力増強効果が期待できるので、性に関する悩みがあれば試されてみてはいかがでしょうか。

 

 

-精力剤 成分, 鹿の角

Copyright© 精力剤の口コミ|効果の高い おすすめ精力増強サプリ , 2017 AllRights Reserved.