*

精力剤とは?種類や効果の違い・副作用のまとめ

投稿日:

精力剤とは?(目的と種類)

精力剤サプリ 口コミ

最近ペニスが勃ちづらくなった」「セックス中に中折れすることが増えた」「ストレスでペニスがEDになってしまった」など。

こういった性の悩みに悩まされている男性は多いと思います。

10代・20代の若い頃は、元気にみなぎっていたペニスも、今や見る影もなく、身体的にも精神的にも年衰えたと感じてしまう。

精力剤とは、そんな男性の性の悩みをサポートしてくれる、男性機能増強や男性機能の改善を目的とした医薬品やサプリメント、健康食品などの総称です。

精力剤といっても、多くの種類に分けられています。

単に男性の性機能の増強や改善を目的とした「性力剤」としての製品が主な精力剤ではあるものの、「Red Bull」や「リポビタンD」などの栄養ドリンク、にんにくやビタミン成分を含んだサプリメントなども一種の精力剤に含まれると考えられています。

ゆえに、コンビニやスーパーなどで安易に手に入れることができるようになっています。

また、それに対して男性ホルモン改善薬や勃起不全の治療薬など、きちんとした医師の処方が必要な医薬品の分類に含まれる精力剤もあります。

ここでは、主に性機能の改善のための精力剤について、記していきます。

 

 

性力アップ!精力剤の種類

精力剤 口コミ

男性の性機能を改善させる精力剤は、目的や症状によって種類も様々ですが、大きくは主に次の3つに分類することができます。

種類によって、効果も含まれる成分も変わってきます。

強精剤  |  強壮剤  |  勃起剤

 

◆強精剤

強精剤は、体内に男性ホルモンを取りこみ、精力(性欲)の改善や勃起力の改善、勃起の維持力向上を目的とした薬です。

この男性ホルモンは人間の体内で分泌されている性ホルモンで、精力と深い関りをもっているホルモンです。

しかし、男性ホルモンは20才を境に、年齢と共に緩やかに分泌量が減少していきます。

男性ホルモンの減少を補うために直接、男性ホルモンを体内に取り入れることで精力増大効果が期待できます。

 

◆強壮剤

強壮剤は、新陳代謝機能の回復、栄養状態の改善、滋養強壮、疲労回復などに効果が期待できます。

この強壮剤には亜鉛、タウリン等、精力と深いかかわりのある成分も多く含んでいますが、特別、精力の改善を目的としたものではありません

必要な栄養分を補い、健康状態の改善・健康維持が最大の目的です。

身体の健康状態や元気が回復することの効果の一環として、性機能の回復を促すという意味合いが強いです。

 

◆勃起剤

勃起剤は、文字通り、勃起を促すための精力剤です。

主に、ED(勃起不全)の症状改善を目的としたものです。

「バイアグラ」と言われればピンときますね。他にも、レビトラやシアリスといった名称の勃起剤がED治療薬として分類されます。

そもそも、勃起は性的な興奮を受けることで、ペニスの海綿体部分の血管が拡張することでペニスが固く膨張することです。

通常、勃起が発生すると同時に、海綿体部分の血管から血液を抜く作用のある、いわゆる勃起を鎮めてしまう酵素(ホスホジエステラーゼ)が分泌されています。

このメカニズムによって、勃起の状態をコントロールしています。

しかし、ED(勃起不全)を発症すると、勃起を鎮める酵素(ホスホジエステラーゼ)が多く分泌されるなどして、勃起しづらい、または勃起しない状態となってしまうのです。

それに対して、バイアグラを始めとする勃起剤は、ホスホジエステラーゼの分泌を抑制したり、酵素を破壊・阻害することで、勃起が鎮まるのを阻止・抑制する効果を持っているのです。

ED(勃起不全)そのものが心因性のある症状なので、勃起剤は、医師の処方がないと入手できないものがほとんどです。

 

 

なぜ、精力剤を飲むのか?(性の悩み・男性ホルモン)

精力剤 理由

仕事や家庭以外の事で、なかなか人に相談できない悩みを抱えている男性は多くいます。

人に相談できない悩みで最も多いのが、ずばり性に関する悩みです。

性に関する悩みといっても人によって理由は様々ですが、特に「性欲の減退」、「勃起力の低下」の悩みを抱えている男性が多いと言われています。

男性の性に関する悩みは、心因的な理由によって引き起こされている可能性が高いため、心療内科などでの治療も進んでいます。

しかし、最も身近な改善方法として認知されているのは、精力剤ではないでしょうか。

精力剤は、薬局やコンビニ、通販で手軽に購入する事ができ、気兼ねなく症状の改善に取り組む事が出来ます。

男性の性の悩みには、男性ホルモンの低下だけでなく、心因性の面も関係しています。

人によっては相談する事にストレスを感じてしまう人もいると思います。

通販を利用すれば、人と対面せず、家族にも知られる事なく精力剤を購入する事が出来るので、ノンストレスで自身のみでの治療・改善が可能になってきます

心の負担なく購入する事は出来ますが、手軽さ以上に製品の品質が重要です。

最近では製品研究が進み、各メーカーともに精力剤の品質がとても向上しています。

製品によって、成分の含有量が異なるので効果は異なりますが、男性機能と深い関りのある男性ホルモンの分泌促進、男性ホルモンを直接摂取する事が可能な製品など、高品質な製品を手軽に購入する事ができるようになってきています。

 

 

精力剤の成分と効果・メカニズム

精力剤を使用するきっかけとなる、男性機能減退の大きな原因として考えられていることは、「男性ホルモンの減少」、「血流の悪化」、「心因性」などが主な原因として挙げられます。

そんな中、精力剤は主に「血流促進」、「男性ホルモンの増強」への効果を発揮するように製造されています。

 

【男性ホルモンの増強】

男性ホルモンの増強に効果があると言われている成分に、マカ、クラチャイダム、トンカットアリ、ソフォンなどがあります。

成分も、直接男性ホルモンを摂取するもの男性ホルモンを補助するもの、精力の元となる精子の生産能力を向上させるものなど、実に多種多様です。

増強効果以外にも、これらは天然成分という事で製品の安全性を実感して頂けます。

 

【血流の悪化】

喫煙やストレスなど、血流が悪くなると勃起力の低下などに繋がります。

血流を良くするために滋養強壮、疲労回復などを目的とした成分が配合されています。

主にはシトルリン、アルギニンなどがあげられます。

 

【心因性】

心因的な悩み・症状に対しては、「直接、効果を発揮しない」とお考えになる人もいるかと思います。

しかし、全く効果がないとは言い切れないのです。

精力剤の成分による直接的な効果は期待できなくとも、精力剤が物理的にでも男性機能を改善させたり、EDを治したりします。

一時的であり、半ば強制的ではあるものの、見た目としては「勃起した」「男性機能が改善した」と感じることができます。

これによって、心因的にも安心感を得る事ができ、徐々に効果が発揮されて、本当に男性機能が改善するという可能性もありうるということです。

実際に、バイアグラ等のED治療薬は、そういった目的もあります。

しかしながら、強制的で物理的であるということは、それなりに身体への影響もあるとされます。

医師の処方が必要であるのも頷けますね。

 

 

精力剤による副作用(危険な副作用・不感症)

精力剤 副作用

精力剤には、強精剤強壮剤勃起剤とあると説明しました。

医師の処方が必要である薬剤もあれば、処方のいらないものもあります。

しかしながら、どちらにしても用法・用量を守らなければなりません。

特に医師の処方のない市販の精力剤の場合、量を間違えただけで重大な副作用が発現する可能性も考えられます。

精力剤の副作用で良く聞かれるのは頭痛、吐き気、動悸、男性ホルモンの減少、肝機能障害などがあります。

人によって症状が異なりますが、強精剤は男性ホルモンの直接摂取を受けることになるため、体内の男性ホルモンの生産性が減少する副作用になる可能性があります。

外部から男性ホルモンを摂取する事で、男性機能の改善を目指す薬剤を使うと、身体が外部からの男性ホルモンに慣れてしまい、体内で生成させる男性ホルモンが減少してしまうという副作用です。

勃起剤に関しても、健康状態など人によって異なりますが、勃起剤に含まれている医薬成分の影響で重度の肝機能障害の副作用の可能性があります。

勃起剤は肝臓に負担がかかる為、医師の診断に従って薬剤を利用しましょう。

また、勃起剤はペニスの血管を拡張させる効果を発揮するため、その効果が全身に及ぶ可能性もあります。

主に、心臓系の疾患を抱えている場合は、副作用の危険もありえます。

健常な方でも動悸・息切れなどの心臓関連の症状が出ることもありますので、用法・用量は守って活用しましょう。

精力剤は、外部からの影響で身体に変化を与えるものです。

副作用を感じたら、医師の診断を受けることが望ましいでしょう。

 

 

-精力剤

Copyright© 精力剤の口コミ|効果の高い おすすめ精力増強サプリ , 2017 AllRights Reserved.